カセット式ガスコンロは大災害時の強い味方。だから一家に一台絶対必要な理由。

カセットコンロは一家に一台、絶対に備えておきべき最重要“備災”用品です。
なぜなら、震災時には都市ガス・電気・水道などのライフラインが大きな被害を受け、それらの供給が一週間程度ストップしてしまう可能性が高いからです。
コンロがあるだけで湯が沸かせ、加熱調理が可能となります。

ライフライン断絶!その時一台のコンロが“食”をつなぐ

震災時、都市ガス・電気・水道のライフラインはどうなったでしょうか。
東日本大震災の時の仙台市を例を見てみましょう。
地震発生から約40分後、火災発生等への配慮から震度の大きいエリア約7万戸で都市ガスの供給が緊急停止されました。
さらに約2時間後、津波による冠水により受電設備などが損傷し、ガスの製造が困難となり全面供給停止となっています。
都市ガス供給再開は12日後。パイプラインに損傷が無かったため、日本海側(新潟)から引いてくることが可能だったため再開できましたが、パイプラインも損傷していたら、さらに長期間供給が途絶えていたことと思われます。
熊本地震の時は津波被害はなかったにも関わらず、やはり場所によってはガスの供給再開まで2週間くらい掛かっています。
一方、電気はどうでしょうか。ガスに比べると概ね早めに復旧しているようですが、それでも一週間程度は見ておくべきです。
電気もガスも止まってしまったら、加熱調理は不可能ですよね。そこで活躍してくれるのがカセットコンロというわけです。

カセットコンロ、使用上の注意点

ところでガスボンベ一本はどのくらい保つのでしょうか。
火の強さ、メーカー等によって差はありますが、強火の場合1時間程度です。
弱火ならその3倍くらい使えるかも知れません。
4人家族なら最低でも1ダース(12本)は用意しておくべきでしょう。一本の価格は100~200円程度。百円ショップでも売ってますね。
(但し、原則としてコンロメーカーの指定するボンベを使用してください)
取り扱いに注意を要すのは平常時も同じですが、特に災害時は火事を出さないことに、より注意を払うべきです。火災が起きても消防車が来れない可能性が高いですから。
よく起こるのはボンベが加熱することによる爆発事故。ボンベの上に被さるような大きな鉄板は絶対にダメです。

ボンベをストックしておく場合、使用期限が気になります。
ガス自体は劣化しないのですがボンベの材質である金属が錆びたり、ゴムパッキンがボロボロになるなどの劣化があります。
大手のイワタニによればボンベの保管可能期間は6~7年とのことですが、これはあくまで目安。メーカーや保管状況にもよります。
保管は、直射日光や高温多湿な場所は避けてください。熱による爆発、またボンベが錆びると非常に危険です。
カセットコンロ自体は、非常用に特化せず日頃の鍋料理などに使って構いません。
但しボンベのストックは、常に決められた最低本数が確保されているように注意しましょう。

災害時には外で使う可能性も考えると、風に強いタイプが良いかもしれません。
フタ付きのものは、立てて保管しやすく持ち運びにも便利です。

イワタニ 【風に強い -ウィンドブレイクこんろ-】 カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A

▲風に火が煽られにくいダブル風防ユニット付き。災害時は屋外で使うこともありえるので、これは助かります。ハードなキャリングケースが付いてるのも、持ち運び・収納に便利です。ちょっと高めですが、イワタニ製なので安心でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です