災害時の『トイレ対策』は、食料確保と同じくらい重要。

「3日食べなくても我慢できたけど、トイレを3時間我慢するのはほんとうに辛かった」
被災者の切実な声です。
災害時のトイレ対策は、最重要課題と言っても言い過ぎではありません。
実際、どんなふうに困るのか。どんなものをどのくらい備えたらいいのか。
状況別に考えてみようと思います。

トイレの確保が重要な理由

大地震への備えで、真っ先に考えるのは水と食料の確保でしょう。
もちろんそれは重要です。しかし、「食べれば出る」ということを、見落としている人は意外に多いのではないでしょうか。
「トイレに困った」という話を耳にしていても、イザとなればそこらへんでしちゃってもいいし…。
なんとかなるのでは…とタカをくくってはいませんか?

しかし、東日本大震災のときも阪神淡路のときも、被災者アンケートを見ると、困ったこと・苦労したことの上位にトイレ問題があります。
大地震のとき、なぜトイレが使えなくなるのでしょうか。
都市部のトイレはほとんどが水洗式ですから、断水すれば水を流せません。
「大」の場合は最低でも4〜6リットルの水が必要です。
だけど、飲料水も不足する中でそんな量の水の確保、できませんよね。
仮に水が確保できたとしても、排水管や汚水処理施設が損傷した場合は、やはり流せません。
こうしたケースは特に集合住宅で多発しました。
また、水道が復旧しても、停電のままだったり汲み上げポンプが損傷しているため断水が続いた集合住宅も多かったようです。
地域にもよりますが、「1ヶ月以上トイレで苦労した」という体験談を多く目にします。
日本トイレ研究所の調査によれば、し尿処理場に仮復旧には、なんと平均5ヶ月掛かっています。(東日本大震災で被災した29自治体から回答を得た)

自治体は色々と対策を立てているけど

昨今は、学校や公園などの公共施設に、非常用トイレを設置している例を多く見るようになりました。
水がなくても下水に直接流せるトイレや、タンクに溜めておくタイプのトイレですね。
しかし、災害時非常用トイレは長蛇の列になるのは想像に難くありません。
特に、マンションの高層階ではトイレのたびに階段を昇り降りせねばならず、高齢者には辛いでしょう。
また、移動式の仮設トイレはすぐに許容量オーバーとなり、使えなくなってしまった例が震災時の避難所で多く見られました。

トイレ対策、どのように備えればよいか

●じゅうぶんな水をタンクに保管しておく
もし設置場所があるなら、家庭用の水タンクを備えておくという手があります。
●風呂に水を貯めておく
家庭用の風呂桶はだいたい200リットル程度。風呂を使用したあと、湯を流さずに貯めておけば、3日分くらいのトイレ用の水を確保することは可能です。
上記2項について、詳しくは以下のページを御覧ください。
もちろん、水があればトイレが使えるとは限りません。
《生活用水の確保は『震災後、困ったこと』の第一位。なのに、多くの人が何も備えていない!》

●庭に穴を掘る
一軒家で猫の額ほどでも庭がある場合は、土に穴を掘って何かで囲って…という方法も考えられるでしょう。
この方法が可能なお宅の場合は、穴掘り用のシャベルを用意しておくことをお勧めします。囲いについてはアウトドア用の着替え用テントが価格も安く(3,000円前後〜)保管場所もそれほど取らないのでお勧めです。
また、穴は危険ですから蓋になる板なども用意しておくと良いです。

roseta ポップアップ 折りたたみ 1人用 着替え 簡易 テント (グリーン)

袋から取り出すとパッと開いてすぐに使えます。床面がないのでトイレに便利。平たくたためるので収納場所も取りません。

千吉(SENKICHI) ガーデンショベル パイプ柄 丸 805mm SPGS-1

 

●災害用トイレを準備しておく
言うまでもなく、一番堅実かつ確実な方法です。非常用に特化した災害用トイレを用意しておきましょう。
昨今は災害用トイレにも色んなタイプが登場、価格も以前に比べずいぶんとお手頃になりました。
一般家庭で用意できるものとしては、大きく分けて携帯トイレ簡易トイレがあります。
携帯トイレは、流せない洋式便器などに袋を設置して使用。便や尿は、吸水シートに吸わせたり粉末凝固剤で固めるタイプなどがあります。
多くはビニル袋と凝固剤や消臭剤がセットになっていて、価格は一回分当たり100〜150円程度が昨今の相場のようです。
簡易トイレは、ダンボール箱を組み立てるようなものから、電気を使うタイプまで色々あります。家庭で用意するならコンパクトに収納でき、ニオイ対策が万全で、低価格なものがよいでしょう。
4人家族の場合、最低でも50回分は準備しておくべきでしょう。
サッと固まる非常用トイレ袋(30回分) 災害での断水時でもトイレが使える!
凝固剤に銀およびヤシ殻活性炭を配合。尿などの汚物に直接作用し、臭いや菌を抑制します。水が使えない状況でも、快適に用を足せる高性能な非常用トイレです。
アイリスオーヤマ 防災グッズ 簡易トイレ トイレ処理セット5回分付き BTS-250
組み立て式なので保管場所を取らないダンボール製。凝固剤5回分がセットになっています。商品サイズは幅約30×奥行約33×高さ約40.5(センチ)

●溜まった汚物はどうするか
汚物の処理も重要です。凝固剤などで固めた大便は、多くの自治体では燃えるゴミとして回収してもらえます。
しかし、災害時にゴミの回収が通常通りに行われるとは考え難く、かなりの量の汚物を生活空間に保管しておくことになるでしょう。
保管する場合に問題になるのは臭いと衛生管理です。置き場所は、バルコニーなどにフタ付きのポリバケツなどを置けると良いのですが、規則などで難しい場合も多いことでしょう。

そのような場合は、通常のゴミ袋を何枚も重ねるなどして袋の口をしっかり閉じることです。このとき注意したいのは、汚物からガスが発生して袋が破裂する場合があるということです。ガスには引火する場合もあるようなので注意が必要です。
また、ゴミ袋に入れておいても、カラスに荒らされる場合があります。

●備品も忘れずに
また、当然ではありますがトイレットペーパーもかなり多めに備蓄しておくことを忘れずに。
それと排泄後の手洗いができないですから、ウェットティッシュもトイレ専用にじゅうぶん備蓄しておきましょう。

また、スプレー式のアルコール消毒液も、とても有効です。
災害時に、不衛生な手から食中毒を起こし「下痢が止まらない!」なんてことになったら、それこそ悲劇ですから。

●注意!水分を控えるのは、とても危険
災害時、トイレに行けないからと水分摂取を控える人が多いそうです。
しかし、これはエコノミー症候群のリスクを高め非常に危険です。
そうした観点からも、トイレ対策は必至と言えるかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です