大地震で倒壊、圧死!危険なブロック塀は身近な通学路にも。(ブロック塀問題-1)

大地震の際にはブロック塀倒壊による圧死者が多数出ている

どこでも見かける、コンクリートブロック塀。
低コスト・短期間で造れるので、昭和の時代に広く普及しました。
しかし、そんなブロック塀、大きな地震の際には、命を奪う凶器になってしまうことをご存知でしょうか。

1978年の宮城県沖地震。マグニチュードは7.4、最大震度は仙台市内の震度5強。この数字だけ見れば、東日本大震災などに比べると、それほどの大地震ではないようにも思えますが。
しかし、建物の全半壊7400戸、死者28人、負傷者1325人という甚大な被害をもたらしました。
28人もの命が奪われたのは痛ましい限りですが、なんと、その半数以上に当たる18人は、ブロック塀倒壊の下敷きになって亡くなっていたのです。

それから30年以上の月日が経っていますが、果たして、その教訓は活かされ、全国でじゅうぶんな対策は取られているのでしょうか


試しに、「ブロック塀+地震」で画像検索してみたら、この通り。
近年に至っても、まだその危険性は何ら変わることなく、存在しているようです。

宮城県沖地震の教訓、未だまったく活かされず

2016年の熊本地震でも、ブロック塀の悲劇を伝えるこんな新聞記事がありました。

<2016熊本地震>宮城県沖地震の教訓届かず
益城町や隣接する熊本市東区沼山津地区ではブロック塀の倒壊が相次いだ。同町では熊本市の男性(29)が道路側に倒れたブロック塀の下敷きになり命を落とした。(2016年5月 河北新報)

ブロック塀の9割、技術基準満たさず 熊本・益城町
熊本地震で大きな被害が出た熊本県益城町で、住宅などのブロック塀の9割が国の技術基準を満たさず、うち約75%が倒壊したとの調査結果を、福岡大の古賀一八教授(建築防災学)がまとめた。(2017年3月 朝日新聞)

熊本地震「飲もうって言ったのに」…受け止めきれぬ死

河北新報の同記事には、以下のような記述もあります。

「壊れたブロック塀は、建築基準法や施行令をクリアしたケースがほとんどなかった。素人が積んだ塀も多いようだ」そう分析するのは、熊本地震の被災地を調査した古賀一八教授。ブロック塀の危険性について「熊本をはじめ九州一円にあるのではないか。(背景に)大きい地震が来ないという思い込みがある」と指摘する。

『九州一円にあるのではないか』ってことは「さすがに関東以北のブロック塀は撤去または、基準を満たすなど、震災対策も進んでいるだろう」と、この教授は考えているのでしょうか。
しかし、どうでしょう? お住まいの地域で、ちょっと注意して近隣を歩いてみてください。
いかがですか、壊れかけたブロック塀、傾いているブロック塀、高く積まれたブロック塀、手抜き工事が疑われる例など、いくらでも見つかると思います。
やはり、“大きな地震が来ない”という思い込みがあるのでしょうか。

首都圏でも危険なブロック塀は放置状態

ためしに、東京都内某所で調査してみたら、極めて憂慮すべき結果となりました。
都内の、ターミナル駅から徒歩圏内、つまり都心と言っても差し支えない住宅地で、ブロック塀の状況を調査してみました。(2016年11月20日現在)


調査したのは、保育園や小学校の周辺わずか200m程度の範囲ですが、明らかに危険と思われるブロック塀が5箇所以上見つかりました。

《A》この場所は小学校正門の真正面です。高さは約160cmと、それほど高くはありませんが、ご覧のように崩壊しかけています。

塀はL字型に造られていますので、こちらは小学校正門の真向かいとなります。多少手前に傾いているように見えます。

《B》こちらの塀は、壊れている箇所などは見当たりませんが、高さが最大2m60cmくらいありそうです。建築基準法では高さ2.2m以下と決められています。高さが高ければ、崩壊リスクも当然高くなりますね。

《C》角の部分に隙間が開いています。当然、強度は大幅に落ちるでしょう。また、施工がかなりガサツで、ちゃんとしたプロの仕事なのか、疑問が残ります。

《D》高さは2mくらいあります。一件そんなに傷んでるようには見えませんが、側面部分に穴が開いています。


《E》これはブロック塀ではありませんが、保育園出入口の真正面です。かなり古い万年塀ですね。送迎時、保育園児がこの前で遊ぶ姿が頻繁に見られます。

《F》かなり高い位置にブロック塀が設置されています。道路から5mくらいあるでしょうか。かなり古そうです。さらに気になるのは、化粧ブロックが連続して並んでいることです。化粧ブロックは鉄筋が通せないし、接合部分にモルタルを充填できません。強度が心配です。

角の部分が繋がっていないのも気になります。ただ、塀の内側には補強のブロックがあるようです。

ブロック塀の土台部分ですが、下の方には大きなヒビ割れも見られます。


《※》
これは地図には含まれない場所(廃業した銭湯)ですが、上記の場所から300m程度の距離にあります。明らかに壊れ掛けた違法に高いブロック塀が、10年くらい前から放置されています。ここも通学に使われている道です。

いかがでしょう? 30年以上前の宮城県沖地震の教訓が活かされているとは、まったく言えませんよね。
コンクリートブロック1個の重さは7〜15キロ程度。高い塀が倒れれば、1トン以上の重量に加速度も加わります。まともに下敷きになれば、ひとたまりもないでしょう。
ましてや、ここは小さな子供たちが毎日通る場所ですから、早急な対策を願って止みません。

ブロック塀倒壊、大震災時に多くの犠牲者を出してしまう理由と対策。(2)に続く

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です