感染症が蔓延する中で、大地震が起きたら….その日のためにどう備えるべきか。

これを書いている今、世界は新型コロナウイルス(covid19)の蔓延に翻弄されています。
貴方がこれを読まれている今、それが過去の話になっていることを願って止みませんが、また新たな感染症の猛威に晒されているかも知れませんね。

さて、こんなときに大地震が起きてしまったら….。
考えたくもないけど、考えてしまった人も多いかと思います。
実際、どうなるのか想像したくもありませんが、その可能性がゼロではない限り、想定して備える必要があると思います。
個人が簡単にできることから、考えて行きたいと思います。

特に新型コロナのような厄介な感染症禍でなくても、冬場は常にインフルエンザの流行に備えるべきですし、夏場はノロウイルスなどの食中毒のリスクが高まります。
災害時はただでさえ不衛生になりますから、いずれにしても災害時の感染症対策は必要というか、とても重要です。

最低限、手だけは清潔に。そのために何をすべきか。

新型コロナ禍でも、手が感染の媒介となることが再三指摘されました。
これは、インフルエンザでもノロウイルスでも同様です。
手の清潔を保つには、まずは頻繁に石鹸で手洗いすることですが、災害時は断水などでそれがじゅうぶんにできない可能性は高いです。
ウェットティッシュの類を多めにストックしておきましょう。ウェットティッシュにはアルコールを使ったタイプとノンアルコールの純水タイプがあります。手の殺菌消毒という観点ではアルコールタイプが良いですが、肌の弱い人や赤ちゃんには肌荒れの原因となってしまう場合があります。
純水タイプは、長期間保管していると中が乾いて紙の塊になっていることがあります。
そこでオススメしたいのが、濡らして使えるタイプのぺーパータオルと除菌アルコールをそれぞれ別途に用意しておくこと。これだと、用途が限定されないので、幅広く活用できます。
下記の製品は厚手で濡らした場合も強度があるのでお勧めです。

写真をクリックするとAmazonのサイトにリンクします。

なんだかんだ言っても、マスクは必需品

マスクは、他人のためにも自分のためにも必需品です。
感染症だけでなく、建物倒壊などで舞い上がる土埃などにも有効です。
災害時には洗濯などできない可能性が高いですから、使い捨てのサージカルタイプが望ましいでしょう。一人あたり30枚は常にストックしておくべきです。非常持出袋を用意してある場合は、入れておきましょう。

写真をクリックするとAmazonのサイトにリンクします。

感染リスクが高い避難所生活を避けるには

三密な避難所が感染リスクが高いであろうことは、誰もが想像できるでしょう。
なるべく、避難所を利用しないで済む方策を事前に準備しておくべきです。

  1. 可能な限り在宅で過ごせるように
  2. 快適安心な車中泊の準備
  3. 避難所以外の避難先確保
  4. テントなど屋外で過ごせる準備
  5. 二週間分の食糧を備蓄する

1.木造の持ち家でしたら、日曜大工でもある程度耐震補強が可能です。例えば天井や壁板を剥がさずに補強金具で耐震性を高める方法など。
これはプロ用に書かれた書籍ですが、平易に書かれているので素人でも参考になる良書です。
前半では「危ない建物」についてページが割かれていて、自宅の弱点を知るにも良いでしょう。

写真をクリックするとAmazonのサイトにリンクします。


また、今の状況で即実行は難しいとは思いますが、もし賃貸住宅に住んでいて、そこが1981年以前の耐震基準で建てられた建物だったら、思い切って引っ越すことも検討してはどうでしょうか。
絶対安心とは言えませんが、新耐震基準なら倒壊リスクは軽減できます。

2.車中泊は、エコノミークラス症候群などの危険性がありあまりお勧めできませんが、避難所で集団感染のリスクがある場合は、選択肢のひとつになると思います。クルマを所有しているのであれば、車中泊に備えておきましょう。加圧靴下、足を乗せる台やハンガーなどの車中泊グッズが売られています。
水分補給も大切ですね。緑茶やコーヒーなどより、水や麦茶のほうが利尿作用が少ない、つまりトイレに行きたくなりにくいことを覚えておきましょう。
→車中泊で、エコノミークラス症候群にならないための注意、準備は?

3.これも感染症禍では躊躇される可能性が高いですが、郊外に住んでいて避難を受け入れてくれる親戚や友人を確保しておく。
ちょいとジョークっぽい提案ですが、当家庭備災では本気で考えておくべき課題との認識です。
日頃のお付き合いが大切ですね。

4.キャンプなどアウトドアの趣味があれば、公園などにテントを張って数日そこで寝泊まりすることも、そう難しいことではないでしょう。
そういう趣味がない場合でも、災害対策として安価なキャンプ用品を一式揃えておくのも良いかと思います。
今は、色々便利なものが出回っています。ブランドにこだわらなければ一人あたり1万円以内、二人の場合は1.5万円以内で、テント+マット+シュラフが揃えられます。

5.これはどっちにしてもやっておくべきですが。
なぜ、敢えてこの項目を入れたかというと、幸い自宅は住める状態ではあるものの、食料の配給を受けるため避難所生活を選んだ人が少なからずいた(らしい)からです。
行政による備蓄食料や避難所に届く支援物資は避難所生活を強いられている人のためのものであり、在宅被災者には分け与えられなかった、という事例がありました。
自宅に十分な食料備蓄があれば、避難所にいかなくても済む、ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です