多種多様なスマホ充電用バッテリー。実際に使ってみて分かったこと。

災害時の情報収集や連絡手段として、スマホや携帯電話、タブレット端末などのモバイル機器は必需品と言えるでしょう。
でも、停電が長期間続いたら充電できなくなり、使えなくなってしまいます。
そこで、用意しておきたいのが、充電用のモバイルバッテリー。
今は、スマホなら5回くらい充電できるバッテリーが色々と売られていますね。ポケットに入るようなサイズで価格も数千円程度です。
機能的にも、単に充電するだけでなく、ライト付き、ソーラー充電も可能、カイロ付き、災害用に特化したラジオや手回し充電もできるタイプなど、色んな物があります。
テストのため5種類ほど入手し、実際に使ってみた結果をレポートします。

ぜひ、この機会に入手を検討してみてください。
絶対に、「あって良かった!」と思うこと、請け合い。でも、そんな日が来ないことを祈りたいですけどね。

INIU モバイルバッテリー 大容量 20000mAh (3A 急速充電 USB C&Micro入力 残量表示 スマホ充電器 携帯バッテリー 2USB出力ポート)

写真クリックでAmazonのサイトにリンク

モバイルバッテリーとしての機能を最重視するのであれば、このタイプがオススメです。容量はたっぷりあり、高性能のスマホでも5回は充電できるでしょう。
この製品の最大の特徴はバッテリー残量が数字で表示される点です。多くの製品がLEDランプの点滅などでそれを知らせますが、数字でしっかり表示されるのは安心感が違いますね。
他に、小さなLEDランプが内蔵されていて、これが意外に明るく、懐中電灯としてもそれなりに使えます。
フル充電して半年放置していたのですが、表示は100%とあり自然放電はほとんど無いようでした。

モバイルバッテリー ソーラー充電器(26800mAh大容量 急速充電 2USB出力ポート…)

写真クリックでAmazonのサイトにリンク

通常のUSB経由の充電に加え、ソーラー充電も可能なモバイルバッテリー。停電が長引いた場合でもこれなら安心ですね。ただ、天気の良い日に一日陽なたに出しておいてもフル充電できず2日掛かりました。
曇りの日などは当然もっと時間が掛かるでしょう。その辺りは過信しないほうが良いかとは思います。
それでも、ソーラー充電ができるとできないとでは大違い。

1台2役 USB充電式ハンドポータブルウォーマー(加熱機能付きモバイルバッテリー)

写真クリックでAmazonのサイトにリンク

この商品については入手した製品の販売が終了しているため、類似の商品にリンクさせてあります。
カイロにもなるモバイルバッテリー。寒い時期に非難するときや、避難所生活ではありがたい機能かと思います。
カイロはスイッチを入れてから2〜3分で暖かくなります。
バッテリー容量は5200mAhあり、モバイルバッテリーとして使う場合は、一般的なスマホ2~3回充電可能です。

多機能LEDラジオライト(懐中電灯+FM/AMラジオ+スマホ用モバイルバッテリー+非常用サイレン…手回し充電/ソーラー充電/USB充電可)

写真クリックでAmazonのサイトにリンク

これは非常に多機能な製品で、スマホなどの充電以外に、懐中電灯、AM/FMラジオが一体となっています。
バッテリーの容量が不明なんですが、単機能のモバイルバッテリーよりはかなり少ないと思われます。
ポイントは、通常のUSB経由での充電以外に、手回し充電とソーラー充電に対応している点です。あらゆる状況に対応してくれるのは、ひじょうに頼もしいでしょう。
懐中電灯機能はじゅうぶんに明るく、遠くまで光が届きます。これに関しては単機能の懐中電灯に劣らないと言えます。
ラジオは、FM、AMともちゃんと受信できますが、チューニングダイヤルは原始的な手回し式なのでちょっと合わせにくいです。音質・音量は携帯ラジオとしてはじゅうぶんなレベルと思います。まあ、ラジオは付属機能と考えるべきでしょう。
他に、サイレン機能があります。大音量で電子音のサイレンが鳴ります。ラジオのオンオフと共有のスイッチなので、ラジオをオフにするとき、うっかりサイレンを鳴らしてしまう可能性があり、そこはちょっと気をつけないとならない点です。
価格は、Amazonの場合時期によって乱高下します。当サイトで確認しただけでも1000円台前半〜4000円台と大きな開きがありました。2000円以下の値段が付いていたら“買い”だと思います。

LED ランタン キャンプ ランタン(電球色/昼光色 USB充電式 10000mAh 大容量 8つ点灯モード 200LM高輝度 電量表示 IP65防水&防塵)

写真クリックでAmazonのサイトにリンク

停電時に重宝しそうなランタン。
こちらの製品もモバイルバッテリーとしてスマホの充電に使えます。しかも、かなり大容量。ランプを点灯しながらの充電も可能です。
ライトがメインの機能なので、光色が2通り選べ、明るさも2段階調整できます。
点滅でSOSを発信できる機能なども、万が一のときにはありがたいことでしょう。

いかがでしたか?
色んなタイプがありますよね。どれも捨てがたい機能なので、2種類くらい常備し、一台は非常持ち出し袋に入れておいても良いかと思います。
その場合、充電ケーブルも忘れずに。
なお、ここに紹介した商品はたまたま入手した物であり、特にこれがお勧めというわけではありませんので悪しからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です