災害時は車中泊も検討しよう。そのための準備、メリットとリスクは?

車中泊。言うまでもなく、クルマの中で寝ることです。
被災して家に住めなくなった場合、クルマを所有していれば車中泊を検討すると思います。
でも、エコノミークラス症候群(正確には、静脈血栓塞栓症 Venous thrombosis; 以下VTEと記す)によって死亡してしまったという悲惨なケースが跡を絶ちません。座った姿勢で長時間の睡眠を取ることは、ひじょうにリスクが大きいのです。
2004年の新潟中越地震では、死者68人のうち少なくとも4人がVTEによる死亡とみられています。
VTEは突然発症して、ほぼ即死してしまう場合すらあります。
でも、いくつかの点に注意すれば、そのリスクを軽減することが可能です。
ここでは、車中泊でVTEにならないためには、どうしたら良いかを紹介します。

水分をしっかり摂る

予防としては、水分をすっかり摂取することが重要ですが、災害時はトイレの問題もあり、水分摂取を控える傾向があるようです。
しかし、死の危険もあるVTEのリスクを考えれば、水分はしっかり摂るべきです。その場合、利尿作用の低い飲み物を選びましょう。
具体的には、真水や麦茶、ルイボスティーなどが良いでしょう。
ビールは言うに及ばず、炭酸飲料、緑茶、烏龍茶、コーヒー、紅茶などは避けてください。
大して違わないのでは?と思うかも知れませんが、かなり違います。

血流を促進する体操を行う

最低でも5時間に1回はクルマから降りて、周辺を歩くなど体を動かしてください。
VTEにならないためのマッサージや体操も考案されています。今のうちに見て、どんな感じかだけでも覚えておきましょう。

リスク回避のグッズを利用しよう

VTEが社会問題になって以降、いろんな回避グッズが売られています。
車内に常備しておくのも良いかも知れません。

足を高く保持するための台座やハンガー

座った姿勢でも足先を下げないで、なるべく膝を伸ばした状態を保つには、足を乗せる台座(フットレスト)があれば良いわけでです。専用のものも売られています。空気を入れて膨らますタイプは保管場所を取らないので良いと思います。
ブランコのようにどこからか吊り下げて、そこに足を乗せるハンガータイプもあります。事前に下げる場所を確認しておきましょう。

写真をクリックするとAmazonのサイトにリンクします。

着圧、加圧ソックス、ストッキング

VTE予防を謳った商品が色々と販売されています。血栓症の発生を抑えるという意味では効果的ですが、数時間ごとの体操も並行して行うことが大切です。

写真をクリックするとAmazonのサイトにリンクします。

追記:
2020年7月、なんと自動車メーカーのマツダから、災害時の車中泊を想定した「車中泊セット」が発売になりました。

災害時は車中泊も検討しよう。そのための準備、メリットとリスクは?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。